実戦投球にメドも…大谷“二刀流復帰”は医療スタッフが阻む

公開日:  更新日:

 二刀流復帰に向けてギアを上げてきた。

 右肘靱帯部分断裂で打者に専念しているエンゼルスの大谷翔平(24)が、実戦形式の練習に登板することになった。

 18日(日本時間19日)のレンジャーズ戦の試合前、ソーシア監督が明らかにした。20日以降、アリゾナ州テンピのマイナー施設で投げさせるという。エンゼルスは21日からアリゾナで、対ダイヤモンドバックス2連戦がある。つまり大谷をチームに帯同させながら、同じアリゾナにあるキャンプ施設で、マイナーリーガー相手に実戦に即した投球をさせたいということだ。

 大谷は18日、敵地アーリントンで行われたレンジャーズ戦の前に復帰後4度目の投球練習。捕手を座らせて約20球、投げ込んだ。

 ソーシア監督は大谷の投手復帰について「目標にしている時期はある」と話し、今季中にもメジャーのマウンドに立たせるとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る