ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

公開日: 更新日:

 流出に歯止めがかからない。

 16日、MLB公式サイトが今オフ、西武菊池雄星(27)のポスティングによるメジャー挑戦の可能性を報じた。菊池のメジャー挑戦は「既定路線」としても、日本球界に衝撃をもたらしたのは、同日、社会人野球パナソニックの右腕・吉川峻平(23)が、日本のプロ野球を経由せず、直接メジャー挑戦することが明らかになった一件だ。

 吉川は最速148キロの直球とシンカーを武器に、今秋のドラフト1位候補にも挙げられている。ダイヤモンドバックスへの入団が最有力といわれる中、メジャー挑戦すれば、ドラ1クラスの選手が日本のプロ野球を経ずに渡米するのは、2008年の田沢純一(JX―ENEOS=当時)がレッドソックスと契約して以来、2人目となる。

 7月には結城海斗(16)が高校へ進学せず、ロイヤルズとマイナー契約。日本人史上最年少で海を渡った。ダルビッシュ(カブス)が小学生時代にプレーした「羽曳野ブラックイーグルス」出身の右腕は、「甲子園を目指していたが、シニア選抜の時にアメリカで野球をし、甲子園よりアメリカで野球をしたいという思いが強くなった」と、今まさに行われている甲子園より、アメリカンドリームを掴もうとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  9. 9

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る