ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

公開日:

 流出に歯止めがかからない。

 16日、MLB公式サイトが今オフ、西武の菊池雄星(27)のポスティングによるメジャー挑戦の可能性を報じた。菊池のメジャー挑戦は「既定路線」としても、日本球界に衝撃をもたらしたのは、同日、社会人野球パナソニックの右腕・吉川峻平(23)が、日本のプロ野球を経由せず、直接メジャー挑戦することが明らかになった一件だ。

 吉川は最速148キロの直球とシンカーを武器に、今秋のドラフト1位候補にも挙げられている。ダイヤモンドバックスへの入団が最有力といわれる中、メジャー挑戦すれば、ドラ1クラスの選手が日本のプロ野球を経ずに渡米するのは、2008年の田沢純一(JX―ENEOS=当時)がレッドソックスと契約して以来、2人目となる。

 7月には結城海斗(16)が高校へ進学せず、ロイヤルズとマイナー契約。日本人史上最年少で海を渡った。ダルビッシュ(カブス)が小学生時代にプレーした「羽曳野ブラックイーグルス」出身の右腕は、「甲子園を目指していたが、シニア選抜の時にアメリカで野球をし、甲子園よりアメリカで野球をしたいという思いが強くなった」と、今まさに行われている甲子園より、アメリカンドリームを掴もうとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る