世田谷「塚原御殿」周辺から聞こえる“かかあ天下”の実態

公開日:

 宮川紗江選手(18)への直接謝罪を希望するなど、全面降伏のポーズを示した日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の光男副会長(70)。自身のパワハラは認めず、進退についてもだんまりを決め込み、事態の沈静化を図る夫妻の東京・世田谷の自宅を日刊ゲンダイ記者が訪ねた。

 最寄りの京王井の頭線駅前から徒歩20分。トマトやナスなどの畑に囲まれた開けた場所に“塚原御殿”はあった。登記情報によると、1982年に237平方メートルの土地を取得。2003年に建て替えられたお屋敷は、総床面積195平方メートルの2階建て。かなりの金をかけたとみられるステンドグラスや窓アーチなど装飾は立派だ。

 地元の不動産業者によると、建物の価格は低く見積もっても4000万円は下らないという。自宅のインターホンを鳴らしても反応はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る