体操パワハラ騒動 塚原夫妻“全面降伏”の裏側と協会の本音

公開日: 更新日:

 2日の19時すぎ、報道各社に突然、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の光男副会長(70)からFAXが送信された。

宮川紗江選手に対する謝罪】

 そう題されたFAXは2人の直筆の署名入り。文書は冒頭から<前回の私たちのプレスリリースにより、(中略)さらに宮川紗江選手を傷つけ、誤解を与え、恐怖心を抱かせ、不信感、不快感を与えてしまったのであれば、全ては私たちの責任であり、本当に申し訳なく思っております>と平身低頭、パワハラ被害を訴える18歳の宮川に対する謝罪と後悔の文字が並んでいた。

 先月29日に告発されて以降、光男副会長は「全部、ウソ!」と会見での宮川の主張を切り捨て、千恵子本部長は「もう黙ってないわよ。お金を使ってでも、勝てるところまでやる」と徹底抗戦の構えを見せ、スポーツ紙にも「反撃」「反論」の文字が躍った。それがこの日の文書では百八十度態度を翻し、<信じて頂けないかもしれませんが、私たちには、そういった意図は一切ございません>と釈明、宮川に対して<直接謝罪をさせて頂きたいと考えております>と“全面降伏”したのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る