中日門倉コーチの“指導者のルーツ”は1勝のみの巨人時代に

公開日: 更新日:

「韓国は言葉の壁があるから、ある程度、言うことを制限していたけど、日本は言葉が完全に通じるからこそ、変な事が言えない。特に今の子は僕らの世代みたいに、ただ『やれ!』じゃやらない。なぜやるか、やったらどうなるか……過程と結果を全部説明しないといけない。その言葉のチョイスを間違うとエラいことになってしまうので、逆に言葉を選びます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る