中日門倉コーチの“指導者のルーツ”は1勝のみの巨人時代に

公開日: 更新日:

■ユーチューブで野村克也さんが指導者論を

 まず選手を知ることが必要だと考え、選手の特徴や気付いたことを書き留めるノートも購入した。

「二軍は若い子の選手寿命を延ばすためにも、選手たちがどう進めば伸びていくのか、状況を把握しないといけない。選手を一軍に上げるんじゃなくて、一軍で活躍させる。それが中日に拾ってもらった自分の使命だと思っているので、常に選手を観察して研究しないと。それには会話が大事。冗談も言える、兄貴のような存在になっていけたらと思っている。何かの参考にならないかと、『ユーチューブ』で野村(克也)さんが指導者論を話している番組もいくつか見ました」

 15年に韓国プロ野球「三星ライオンズ」で一軍ブルペンコーチを務めて以来のコーチ業。国だけでなく、世代の違いも覚悟している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  8. 8

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  9. 9

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

  10. 10

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る