巨人キャンプMVP 元木大介コーチ13年ぶりユニの“第一信条”

公開日: 更新日:

「強いて挙げるなら元木コーチ。非常にしっかりやってくれた」

 原監督に春のキャンプMVPに選ばれたのは元木大介(47)。ムードメーカーとして、若手の選手以上に大声を出して盛り上げた。一方で室内練習場では何も言わず、打撃練習を見守ることが多かった。

「別にサボっているわけじゃないよ。あえて言わずにね。言うのは選手が来た時だけにしてるの。『見てください』と要望があれば、もちろん答えるし、そういうことは続けていきたい」

 選手の考えが最優先というスタイルだ。

「『こういう練習がしたい』と言うなら、やらせてあげたい。(岡本)和真とやったボールを転がす守備の基礎練習を『毎日続けていこう』と言ったら『お願いします』と言うからやったしね。打撃でも何人か聞きに来たけど、『俺はこうなってると思うよ』と言うだけにしている。一軍に打撃コーチは3人。いろんなことを言われる中で、自分に合ったものを選びなさいと。合っていないのにやったってうまくなるわけがない。でも、聞いたのに試さないで『合わない』と言うのはおかしい。『みんな、おまえたちのためを思っているんだから』と言っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る