「世界マヌケ反乱の手引書」松本哉著

公開日: 更新日:

 働きまくって、金を使いまくるような消費社会とは決別。世の中の常識や価値観に縛られず、自由勝手にやりたいことをやる独自の「マヌケ文化圏」の樹立を提唱する著者が、その拠点の作り方や同志を集め交流する方法を説いた「マヌケ反乱」のススメ。

 まずは人だかりをつくってみようと、かつて大晦日の終日運転の山手線内にちゃぶ台を持ち込み見知らぬ人を巻き込んで大宴会をした例を紹介。さらに、繁華街のビルの屋上を格安で借りてのシェアスペースづくりや、友人を英雄に仕立てTシャツを売る資金づくり、そしてその進化形として現在運営するリサイクルショップやゲストハウスなどの開業ノウハウまで。堅苦しい世の中を変えていく「反乱」の方法が満載。(筑摩書房 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る