• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界マヌケ反乱の手引書」松本哉著

 働きまくって、金を使いまくるような消費社会とは決別。世の中の常識や価値観に縛られず、自由勝手にやりたいことをやる独自の「マヌケ文化圏」の樹立を提唱する著者が、その拠点の作り方や同志を集め交流する方法を説いた「マヌケ反乱」のススメ。

 まずは人だかりをつくってみようと、かつて大晦日の終日運転の山手線内にちゃぶ台を持ち込み見知らぬ人を巻き込んで大宴会をした例を紹介。さらに、繁華街のビルの屋上を格安で借りてのシェアスペースづくりや、友人を英雄に仕立てTシャツを売る資金づくり、そしてその進化形として現在運営するリサイクルショップやゲストハウスなどの開業ノウハウまで。堅苦しい世の中を変えていく「反乱」の方法が満載。(筑摩書房 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る