「かまさん」門井慶喜著

公開日: 更新日:

 慶応4年正月、将軍警護のために大坂湾に展開していた軍艦・開陽の艦長・榎本釜次郎(武揚)は、薩摩藩の艦船との戦いに勝利。戦勝報告のため大坂城に行くが、将軍慶喜が入れ違いに開陽に乗船して江戸に引き揚げたことを知る。数日後、江戸城大広間で開かれた幕閣会議の席で、慶喜が謹慎すると言いだす。別の軍船で江戸に戻った釜次郎は、思わず一同の前で「腰が抜けたか、将軍様あっ!」と叫ぶが、慶喜の決意は変わらない。その一言で釜次郎は主戦派の首魁に祭り上げられる。しかし、釜次郎の本当の夢は自分の手で近代国家をつくり上げることだった。

 科学者であり、技術者であり、そして法学者でもあった近代人・榎本武揚の戦いを描く歴史小説。(祥伝社 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る