「かまさん」門井慶喜著

公開日:

 慶応4年正月、将軍警護のために大坂湾に展開していた軍艦・開陽の艦長・榎本釜次郎(武揚)は、薩摩藩の艦船との戦いに勝利。戦勝報告のため大坂城に行くが、将軍慶喜が入れ違いに開陽に乗船して江戸に引き揚げたことを知る。数日後、江戸城大広間で開かれた幕閣会議の席で、慶喜が謹慎すると言いだす。別の軍船で江戸に戻った釜次郎は、思わず一同の前で「腰が抜けたか、将軍様あっ!」と叫ぶが、慶喜の決意は変わらない。その一言で釜次郎は主戦派の首魁に祭り上げられる。しかし、釜次郎の本当の夢は自分の手で近代国家をつくり上げることだった。

 科学者であり、技術者であり、そして法学者でもあった近代人・榎本武揚の戦いを描く歴史小説。(祥伝社 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る