• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「〆切仕事術」上阪徹著

 あらゆる仕事に〆切が存在する。本書は、これまで一度も〆切に遅れたことがないと自負するライターが、〆切とうまく付き合い、〆切を味方にすることで、仕事はもちろん人生までを豊かにする方法を教えてくれるビジネステキスト。

 終わりなく押し寄せる〆切にストレスを感じている人も多いはずだが、〆切によって生産性が向上するのも事実。では〆切による「やらされている感」や「追い込まれ感」を感じなくするためにはどうすればよいのか。最終的な〆切は変わらないので、仕事をプロセスごとに細かく分解し、そのプロセスごとに小さな〆切をつくることがコツだという。そんな追われずに〆切を守る方法から、部下や取引先などに〆切を守ってもらう方法まで伝授。(左右社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る