「らぶれたあ」鮫肌文殊著

公開日: 更新日:

 童貞作品集「父しぼり」を上梓した著者は、「関西気鋭のパンク作家」としてテレビ大阪の経済番組に出演することになった。若いクリエーターが自分の考えた企画を有名企業のお偉方にプレゼンして判定してもらう番組だ。ところが、お偉方の皆さんは「そんな机の上で考えたしょーもないアイデアで銭が儲かるわけないがな」とけちょんけちょん。すると出演者の中島らもが「そこまでケチをつけはるんやったら、さぞ凄いアイデアがおありなんでしょう」と反撃。うろたえるお偉方のアップで本番は終了した。著者は「この中島らもってオッサン、パンクや!」と思った。

 6945日の付き合いだった中島らもへのラブレター。(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る