「本バスめぐりん。」大崎梢著

公開日: 更新日:

 定年退職後に暇を持て余していた照岡は、非常勤職員として市の図書館が運営する移動図書館のバスの運転手の仕事に就く。照岡と司書の菜緒子は、移動図書館「めぐりん号」で、市内16カ所を2週間かけて回る。2週間前、菜緒子は利用者から大切なものを挟んだまま本を返却してしまったと相談を受ける。返却された本は、次の移動先ですぐに貸し出されていた。菜緒子は、本を借りた常連利用者の寺沢に確認するが、心当たりはないという。その後、本を選び始めた寺沢の様子をそれとなくうかがっていた照岡は、突然彼女から話しかけられ、動揺する。(「テルさん、ウメちゃん」)

 移動図書館を舞台にした連作ハートフル・ミステリー集。(東京創元社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る