• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あの頃トン子と」城明著

 父と2人で養豚をしているアラフォーの洋一。ある日、離乳したばかりでひときわ小さい子ブタが気になった。洋一が近づくとうれしそうに尻尾を振る。トン子と名づけて芸を仕込んでみたら、「お手」や「お回り」をするようになった。燃え尽きて東京から戻ってきた幼馴染みのマナブが興味をもち、勝手に洋一の家に住み込んで調教に加わる。「トン子!」と呼ぶとブップッブッと鳴くのは、自分の名を認識しているのではないか。名を呼ぶと「ドーコ」と言うようになった。どうも「トン子」と言っているらしい。人気者になったトン子をテレビ局が取材に来ることに。

 しゃべる子ブタとの生活を描く畜産ドリーム物語。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る