• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あの頃トン子と」城明著

 父と2人で養豚をしているアラフォーの洋一。ある日、離乳したばかりでひときわ小さい子ブタが気になった。洋一が近づくとうれしそうに尻尾を振る。トン子と名づけて芸を仕込んでみたら、「お手」や「お回り」をするようになった。燃え尽きて東京から戻ってきた幼馴染みのマナブが興味をもち、勝手に洋一の家に住み込んで調教に加わる。「トン子!」と呼ぶとブップッブッと鳴くのは、自分の名を認識しているのではないか。名を呼ぶと「ドーコ」と言うようになった。どうも「トン子」と言っているらしい。人気者になったトン子をテレビ局が取材に来ることに。

 しゃべる子ブタとの生活を描く畜産ドリーム物語。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る