「江戸の家計簿」磯田道史監修

公開日:  更新日:

 江戸時代の人々の収入や物価から当時の暮らしを紹介する歴史読み物。

 そもそも江戸幕府の財政収入はどのくらいだったのか。徳川将軍家の実際の天領は400万石ほど。吉宗の時代の最大463万石を現在の価格に換算すると、1兆3890億円になる。その他、遠山の金さんが3億円超え、50俵3人扶持の武士で約600万円ほどだったという。

 一方、町人は大店の奉公人で年収120万円から支配役レベルで300万円、各職人の日当は1万~1万5000円だった。卵が1個315円など総じて動物性タンパク質は高価格で、初ガツオに至っては15万円を超える。

 その他、髪結いは2400円、銭湯95円、長屋の家賃が月4875円など。江戸っ子たちの財布の中を覗き見る。(宝島社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る