「江戸の家計簿」磯田道史監修

公開日:  更新日:

 江戸時代の人々の収入や物価から当時の暮らしを紹介する歴史読み物。

 そもそも江戸幕府の財政収入はどのくらいだったのか。徳川将軍家の実際の天領は400万石ほど。吉宗の時代の最大463万石を現在の価格に換算すると、1兆3890億円になる。その他、遠山の金さんが3億円超え、50俵3人扶持の武士で約600万円ほどだったという。

 一方、町人は大店の奉公人で年収120万円から支配役レベルで300万円、各職人の日当は1万~1万5000円だった。卵が1個315円など総じて動物性タンパク質は高価格で、初ガツオに至っては15万円を超える。

 その他、髪結いは2400円、銭湯95円、長屋の家賃が月4875円など。江戸っ子たちの財布の中を覗き見る。(宝島社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る