「チョコレートの歴史」ソフィー・D・コウほか著 樋口幸子訳

公開日: 更新日:

 チョコレートは、その歴史の9割に相当する期間、実は飲み物だったという。起源にまでさかのぼり、その壮大な歴史をつづったテキスト。

 チョコレートを最初に作りだしたのは、3000年ほど前にメキシコ南部の森林地帯に住んでいたオルメカ人といわれている。彼らが原料となるカカオを栽培していたことも分かっている。飲み物ならびに通貨として用いられてきたカカオ豆は、マヤ人に伝わり、征服者スペインの手でヨーロッパへと渡る。支配者や聖職者の飲み物だったチョコレートは、19世紀初頭になって固形化され、庶民へと広まっていった。

 神への御供、香料、媚薬、滋養としてさまざまに愛されてきたその魅力を語りつくす。(河出書房新社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  9. 9

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る