• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「チョコレートの歴史」ソフィー・D・コウほか著 樋口幸子訳

 チョコレートは、その歴史の9割に相当する期間、実は飲み物だったという。起源にまでさかのぼり、その壮大な歴史をつづったテキスト。

 チョコレートを最初に作りだしたのは、3000年ほど前にメキシコ南部の森林地帯に住んでいたオルメカ人といわれている。彼らが原料となるカカオを栽培していたことも分かっている。飲み物ならびに通貨として用いられてきたカカオ豆は、マヤ人に伝わり、征服者スペインの手でヨーロッパへと渡る。支配者や聖職者の飲み物だったチョコレートは、19世紀初頭になって固形化され、庶民へと広まっていった。

 神への御供、香料、媚薬、滋養としてさまざまに愛されてきたその魅力を語りつくす。(河出書房新社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る