「チョコレートの歴史」ソフィー・D・コウほか著 樋口幸子訳

公開日:  更新日:

 チョコレートは、その歴史の9割に相当する期間、実は飲み物だったという。起源にまでさかのぼり、その壮大な歴史をつづったテキスト。

 チョコレートを最初に作りだしたのは、3000年ほど前にメキシコ南部の森林地帯に住んでいたオルメカ人といわれている。彼らが原料となるカカオを栽培していたことも分かっている。飲み物ならびに通貨として用いられてきたカカオ豆は、マヤ人に伝わり、征服者スペインの手でヨーロッパへと渡る。支配者や聖職者の飲み物だったチョコレートは、19世紀初頭になって固形化され、庶民へと広まっていった。

 神への御供、香料、媚薬、滋養としてさまざまに愛されてきたその魅力を語りつくす。(河出書房新社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る