「どこまでやるか、町内会」紙屋高雪著

公開日:

 町内会を忌み嫌い、その煩わしさから逃れたい人の悩みと、町内会の素晴らしさを実感し、その活動を受け継いでほしいけど、担い手が現れないという人の悩み。

 この正反対の2つの悩みを同時に解決に導く町内会ハンドブック。

 まずは町内会トラブルの縮図ともいえるゴミ出し問題を考える。町内会を脱会した世帯がゴミ集積所の使用を禁じられた例を取り上げ、双方の言い分を紹介。

 こうしたゴミ問題は、行政が本来担うべき責任を果たさず、町内会に「下請け」させている事業の負担によって住民同士が対立させられていると指摘し、解決策を提示。町内会の仕事を一つ一つ見直し、快適なご近所付き合いを可能にする方法を提案する。(ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る