• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「どこまでやるか、町内会」紙屋高雪著

 町内会を忌み嫌い、その煩わしさから逃れたい人の悩みと、町内会の素晴らしさを実感し、その活動を受け継いでほしいけど、担い手が現れないという人の悩み。

 この正反対の2つの悩みを同時に解決に導く町内会ハンドブック。

 まずは町内会トラブルの縮図ともいえるゴミ出し問題を考える。町内会を脱会した世帯がゴミ集積所の使用を禁じられた例を取り上げ、双方の言い分を紹介。

 こうしたゴミ問題は、行政が本来担うべき責任を果たさず、町内会に「下請け」させている事業の負担によって住民同士が対立させられていると指摘し、解決策を提示。町内会の仕事を一つ一つ見直し、快適なご近所付き合いを可能にする方法を提案する。(ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る