「どこまでやるか、町内会」紙屋高雪著

公開日:

 町内会を忌み嫌い、その煩わしさから逃れたい人の悩みと、町内会の素晴らしさを実感し、その活動を受け継いでほしいけど、担い手が現れないという人の悩み。

 この正反対の2つの悩みを同時に解決に導く町内会ハンドブック。

 まずは町内会トラブルの縮図ともいえるゴミ出し問題を考える。町内会を脱会した世帯がゴミ集積所の使用を禁じられた例を取り上げ、双方の言い分を紹介。

 こうしたゴミ問題は、行政が本来担うべき責任を果たさず、町内会に「下請け」させている事業の負担によって住民同士が対立させられていると指摘し、解決策を提示。町内会の仕事を一つ一つ見直し、快適なご近所付き合いを可能にする方法を提案する。(ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る