「慶應三田会の人脈と実力」田中幾太郎著

公開日: 更新日:

 トヨタの豊田章男社長をはじめ、全上場企業の10社に1社の社長が慶応出身者だという(1月現在)。

 本書は、日本の経済界を動かす慶応義塾の同窓会組織「三田会」の知られざる実像に迫るノンフィクション。

 三田会は、卒業年度だけでなく、多くの有力企業が企業内三田会を結成。さらに職種別や、世界各地域、都道府県、区市町単位でそれぞれ三田会が結成され、強力なネットワークをつくり出している。

 頭取が同じ年度の三田会だったためスムーズに実現した肥後銀行と鹿児島銀行の経営統合、三田会のつながりで玉つきのように行われたローソンとサントリーの社長交代、伊勢丹と三越の経営統合など、政財界を牛耳るその人脈と内部事情を徹底取材。(宝島社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る