「慶應三田会の人脈と実力」田中幾太郎著

公開日:

 トヨタの豊田章男社長をはじめ、全上場企業の10社に1社の社長が慶応出身者だという(1月現在)。

 本書は、日本の経済界を動かす慶応義塾の同窓会組織「三田会」の知られざる実像に迫るノンフィクション。

 三田会は、卒業年度だけでなく、多くの有力企業が企業内三田会を結成。さらに職種別や、世界各地域、都道府県、区市町単位でそれぞれ三田会が結成され、強力なネットワークをつくり出している。

 頭取が同じ年度の三田会だったためスムーズに実現した肥後銀行と鹿児島銀行の経営統合、三田会のつながりで玉つきのように行われたローソンとサントリーの社長交代、伊勢丹と三越の経営統合など、政財界を牛耳るその人脈と内部事情を徹底取材。(宝島社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る