「死を告げられた女」イングリッド・デジュール著、竹若理衣訳

公開日: 更新日:

 フランス軍のエリート部隊に所属していたラースは、アフガニスタンから帰還後、ボディーガードとして働く。ある日、高名なジャーナリストのカティアから彼女の娘・ハイコの警護の依頼が舞い込む。ハイコは、イスラム国に洗脳され、シリアに向かう若者たちを引き留める活動をする団体を運営。ネット上に死刑を宣告するファトワーが発せられ、1週間前にパリの路上で銃殺されたナディアは、ハイコの長年の同志だったという。ラースは、危険を顧みず勝手な行動を繰り返すハイコに苛立ちながらも仲間らと任務を遂行。次第に2人の仲は縮まるが、やがてラースは彼女の活動にある疑問を抱き始める。

 テロの恐怖におびえるパリを舞台に描く長編サスペンス。(早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る