• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「死を告げられた女」イングリッド・デジュール著、竹若理衣訳

 フランス軍のエリート部隊に所属していたラースは、アフガニスタンから帰還後、ボディーガードとして働く。ある日、高名なジャーナリストのカティアから彼女の娘・ハイコの警護の依頼が舞い込む。ハイコは、イスラム国に洗脳され、シリアに向かう若者たちを引き留める活動をする団体を運営。ネット上に死刑を宣告するファトワーが発せられ、1週間前にパリの路上で銃殺されたナディアは、ハイコの長年の同志だったという。ラースは、危険を顧みず勝手な行動を繰り返すハイコに苛立ちながらも仲間らと任務を遂行。次第に2人の仲は縮まるが、やがてラースは彼女の活動にある疑問を抱き始める。

 テロの恐怖におびえるパリを舞台に描く長編サスペンス。(早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る