「死を告げられた女」イングリッド・デジュール著、竹若理衣訳

公開日:

 フランス軍のエリート部隊に所属していたラースは、アフガニスタンから帰還後、ボディーガードとして働く。ある日、高名なジャーナリストのカティアから彼女の娘・ハイコの警護の依頼が舞い込む。ハイコは、イスラム国に洗脳され、シリアに向かう若者たちを引き留める活動をする団体を運営。ネット上に死刑を宣告するファトワーが発せられ、1週間前にパリの路上で銃殺されたナディアは、ハイコの長年の同志だったという。ラースは、危険を顧みず勝手な行動を繰り返すハイコに苛立ちながらも仲間らと任務を遂行。次第に2人の仲は縮まるが、やがてラースは彼女の活動にある疑問を抱き始める。

 テロの恐怖におびえるパリを舞台に描く長編サスペンス。(早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る