• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「死を告げられた女」イングリッド・デジュール著、竹若理衣訳

 フランス軍のエリート部隊に所属していたラースは、アフガニスタンから帰還後、ボディーガードとして働く。ある日、高名なジャーナリストのカティアから彼女の娘・ハイコの警護の依頼が舞い込む。ハイコは、イスラム国に洗脳され、シリアに向かう若者たちを引き留める活動をする団体を運営。ネット上に死刑を宣告するファトワーが発せられ、1週間前にパリの路上で銃殺されたナディアは、ハイコの長年の同志だったという。ラースは、危険を顧みず勝手な行動を繰り返すハイコに苛立ちながらも仲間らと任務を遂行。次第に2人の仲は縮まるが、やがてラースは彼女の活動にある疑問を抱き始める。

 テロの恐怖におびえるパリを舞台に描く長編サスペンス。(早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る