• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ウケる!大人の会話術」清水義範著

 文体模倣を駆使した作品で読者を魅了してきた作家による会話力アップテキスト。

 医者相手に口下手では、適切な治療も受けられず、時に会話は生死にもかかわる。相手が誰であれ、どんな会話であれ、その場にふさわしい会話ができるようになれば人生は豊かになる。

 文章は誰が読むか分からないから、万人向けに書くことが必要だ。対する会話は、相手が誰かによって気配りを変えることが肝心で、話し方をいくつも持っていなければならないという。その上で、話しかけ方や、相手を褒める効果的な技など雑談力を身につける方法を説く。

 さらに、会話の半分を構成する聞く技術やビジネストークまで、さまざまな場面を想定した実例を交えながら、会話のコツと技術を紹介。(朝日新聞出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る