「天気痛」佐藤純著

公開日: 更新日:

「雨が降ると関節が痛い」「前線や台風が近づくと頭痛がする」――こうした天気によって生じたり悪化したりする慢性の痛みを「天気痛」と名付け、その発生のメカニズムから対処法まで解説したメディカルエッセー。

 天気痛がある人は全国に1000万人以上いると思われる。天気痛にはもとになる病気や症状があり、その慢性の痛みの上に天気の影響を受け、さらに痛みが重なることで複雑な症状になるという。「片頭痛」や「緊張型頭痛」など、そのもとになる主な病気について痛みの生じる仕組みを解説。こうした病気では、天気を感じるセンサーがある内耳の敏感さを改善すれば天気痛の部分は軽減できるそうだ。

 あなたを長年苦しめてきた痛みも、もしかしたら天気痛かもしれない。(光文社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る