「天気痛」佐藤純著

公開日:  更新日:

「雨が降ると関節が痛い」「前線や台風が近づくと頭痛がする」――こうした天気によって生じたり悪化したりする慢性の痛みを「天気痛」と名付け、その発生のメカニズムから対処法まで解説したメディカルエッセー。

 天気痛がある人は全国に1000万人以上いると思われる。天気痛にはもとになる病気や症状があり、その慢性の痛みの上に天気の影響を受け、さらに痛みが重なることで複雑な症状になるという。「片頭痛」や「緊張型頭痛」など、そのもとになる主な病気について痛みの生じる仕組みを解説。こうした病気では、天気を感じるセンサーがある内耳の敏感さを改善すれば天気痛の部分は軽減できるそうだ。

 あなたを長年苦しめてきた痛みも、もしかしたら天気痛かもしれない。(光文社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る