「天気痛」佐藤純著

公開日:  更新日:

「雨が降ると関節が痛い」「前線や台風が近づくと頭痛がする」――こうした天気によって生じたり悪化したりする慢性の痛みを「天気痛」と名付け、その発生のメカニズムから対処法まで解説したメディカルエッセー。

 天気痛がある人は全国に1000万人以上いると思われる。天気痛にはもとになる病気や症状があり、その慢性の痛みの上に天気の影響を受け、さらに痛みが重なることで複雑な症状になるという。「片頭痛」や「緊張型頭痛」など、そのもとになる主な病気について痛みの生じる仕組みを解説。こうした病気では、天気を感じるセンサーがある内耳の敏感さを改善すれば天気痛の部分は軽減できるそうだ。

 あなたを長年苦しめてきた痛みも、もしかしたら天気痛かもしれない。(光文社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る