「しあわせな死の桜」竹本健治著

公開日:  更新日:

 月に大きなかさがかかっている夜、見知らぬ男に「やあ、久しぶりじゃないか」と声をかけられた。その顔には見覚えがなかったが、自宅で一局碁を打つことに。

 碁を打ちながら男は「今昔物語集」に出てくる碁の名人の話を始めた。碁聖の寛蓮という僧が、几帳の陰に隠れた上品な女と碁を打った。女はさほど重い打ち方をしていないのに、寛蓮の石を皆殺しにする。これは変化の者に違いないと、寛蓮は逃げ出した。寛蓮から話を聞いた宇多上皇がその女の家を見に行かせたが、既に姿を消していた。その女は宇多上皇の動向を探るスパイだったのではないかと男は言う。(「妖かしと碁を打つ話」)

 幻想的なミステリー12編。(講談社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る