「しあわせな死の桜」竹本健治著

公開日: 更新日:

 月に大きなかさがかかっている夜、見知らぬ男に「やあ、久しぶりじゃないか」と声をかけられた。その顔には見覚えがなかったが、自宅で一局碁を打つことに。

 碁を打ちながら男は「今昔物語集」に出てくる碁の名人の話を始めた。碁聖の寛蓮という僧が、几帳の陰に隠れた上品な女と碁を打った。女はさほど重い打ち方をしていないのに、寛蓮の石を皆殺しにする。これは変化の者に違いないと、寛蓮は逃げ出した。寛蓮から話を聞いた宇多上皇がその女の家を見に行かせたが、既に姿を消していた。その女は宇多上皇の動向を探るスパイだったのではないかと男は言う。(「妖かしと碁を打つ話」)

 幻想的なミステリー12編。(講談社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る