「しあわせな死の桜」竹本健治著

公開日:  更新日:

 月に大きなかさがかかっている夜、見知らぬ男に「やあ、久しぶりじゃないか」と声をかけられた。その顔には見覚えがなかったが、自宅で一局碁を打つことに。

 碁を打ちながら男は「今昔物語集」に出てくる碁の名人の話を始めた。碁聖の寛蓮という僧が、几帳の陰に隠れた上品な女と碁を打った。女はさほど重い打ち方をしていないのに、寛蓮の石を皆殺しにする。これは変化の者に違いないと、寛蓮は逃げ出した。寛蓮から話を聞いた宇多上皇がその女の家を見に行かせたが、既に姿を消していた。その女は宇多上皇の動向を探るスパイだったのではないかと男は言う。(「妖かしと碁を打つ話」)

 幻想的なミステリー12編。(講談社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る