• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女鍼師竜尾 隠居右善江戸を走る4」喜安幸夫著

 元同心の右善は、隠居後、女鍼師の竜尾に弟子入りし、見習い生活を送っている。ある日、竜尾の鍼灸療治処に出入りするかご屋の権三と助八が、品川宿の先の街道筋で殺しがあったと知らせに来る。

 殺された男女は、療治処に近い神田鍛冶町の伊勢屋の娘・紗枝と男は番頭か手代らしい。以前、伊勢屋の主・源兵衛がぎっくり腰で療治処に通っていたことがあり、竜尾と右善は耳を疑う。右善に呼び出された息子の北町奉行所同心・善之助によると、ここ半年の間に同じような殺しが他に2件も起きているという。そんな中、右善は薩摩から敵討ちのために出てきた男の話を耳にして、ある疑念を抱く。

 竜尾の過去が明らかになる時代シリーズ最新刊。

(二見書房 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る