• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「聴導犬のなみだ」野中圭一郎著

 耳が聞こえない人を助ける「聴導犬」の世界を伝える感動の物語。

 聴導犬はほえない。そして、たとえば道を歩いているときに後ろから車が近づいてきたときの音、目覚まし時計のアラーム、赤ちゃんの泣き声、花火の音、ファクスの受信音など日常生活で必要な音をひとつずつ覚え、耳の聞こえないユーザーに、体の上に乗ったり、顔をぺろぺろなめたりして伝えてくれるのだ。現在、盲導犬は966頭存在しているが、聴導犬はわずか69頭しか活躍していない。

 本書は、捨てられ、保護センターに保護されていた子犬を訓練施設が引き取り、愛情を持って育て、しつける訓練士たちと、犬と、ユーザーとの三者の深い絆を描いた唯一無二の本。

(プレジデント社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る