「聴導犬のなみだ」野中圭一郎著

公開日:

 耳が聞こえない人を助ける「聴導犬」の世界を伝える感動の物語。

 聴導犬はほえない。そして、たとえば道を歩いているときに後ろから車が近づいてきたときの音、目覚まし時計のアラーム、赤ちゃんの泣き声、花火の音、ファクスの受信音など日常生活で必要な音をひとつずつ覚え、耳の聞こえないユーザーに、体の上に乗ったり、顔をぺろぺろなめたりして伝えてくれるのだ。現在、盲導犬は966頭存在しているが、聴導犬はわずか69頭しか活躍していない。

 本書は、捨てられ、保護センターに保護されていた子犬を訓練施設が引き取り、愛情を持って育て、しつける訓練士たちと、犬と、ユーザーとの三者の深い絆を描いた唯一無二の本。

(プレジデント社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る