• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「聴導犬のなみだ」野中圭一郎著

 耳が聞こえない人を助ける「聴導犬」の世界を伝える感動の物語。

 聴導犬はほえない。そして、たとえば道を歩いているときに後ろから車が近づいてきたときの音、目覚まし時計のアラーム、赤ちゃんの泣き声、花火の音、ファクスの受信音など日常生活で必要な音をひとつずつ覚え、耳の聞こえないユーザーに、体の上に乗ったり、顔をぺろぺろなめたりして伝えてくれるのだ。現在、盲導犬は966頭存在しているが、聴導犬はわずか69頭しか活躍していない。

 本書は、捨てられ、保護センターに保護されていた子犬を訓練施設が引き取り、愛情を持って育て、しつける訓練士たちと、犬と、ユーザーとの三者の深い絆を描いた唯一無二の本。

(プレジデント社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る