「焼肉大学」鄭大聲(チョン・デソン)著

公開日:

 焼き肉の歴史とその食文化の奥深さを紹介したテキスト。

 焼き肉文化は、朝鮮の植民地支配によって20世紀に日本にもたらされた。朝鮮半島では、紀元前後から肉食文化があったが、6世紀半ば、半島全土が仏教の戒律に従って、殺生を禁止し、家畜の食用も禁じられた。13世紀に遊牧民の蒙古が半島を支配するようになると家畜の食用が復活。当時のエリートたちが食べていた料理はプルコギそのものだという。以後、儒教が国教になっても肉食がタブーになることはなく、さまざまな料理技術が発展した。

 肉の各部位、キムチ、スープ、飯、麺など、それぞれのメニューの誕生の舞台裏からおいしい食べ方まで解説、一読で焼き肉がさらにおいしくなること間違いなし。

(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る