「焼肉大学」鄭大聲(チョン・デソン)著

公開日:

 焼き肉の歴史とその食文化の奥深さを紹介したテキスト。

 焼き肉文化は、朝鮮の植民地支配によって20世紀に日本にもたらされた。朝鮮半島では、紀元前後から肉食文化があったが、6世紀半ば、半島全土が仏教の戒律に従って、殺生を禁止し、家畜の食用も禁じられた。13世紀に遊牧民の蒙古が半島を支配するようになると家畜の食用が復活。当時のエリートたちが食べていた料理はプルコギそのものだという。以後、儒教が国教になっても肉食がタブーになることはなく、さまざまな料理技術が発展した。

 肉の各部位、キムチ、スープ、飯、麺など、それぞれのメニューの誕生の舞台裏からおいしい食べ方まで解説、一読で焼き肉がさらにおいしくなること間違いなし。

(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る