「知立国家 イスラエル」米山伸郎著

公開日:  更新日:

 パソコンの心臓部であるプロセッサーや、ドローン、車の自動運転の基幹技術など、我々の周囲には意外にもイスラエル発の技術や製品があふれている。それもそのはず国民1人当たりの起業率や博士号保有者、特許数、ノーベル賞受賞者など、さまざまな分野でイスラエルは世界トップクラスなのだそうだ。

 そんな世界一の高さを誇るイスラエルの知的レベルの秘密に迫るリポート。

 激しい迫害にさらされてきたゆえに同国では、軍事や情報・通信、医薬・バイオなど人間の安全・生存に直結するジャンルに知を集結し、その分野からイノベーションが生まれてきたという。軍独自のエリート教育や移民の影響などを読み解きながら、その強さの背景を探る。(文藝春秋 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る