「知立国家 イスラエル」米山伸郎著

公開日: 更新日:

 パソコンの心臓部であるプロセッサーや、ドローン、車の自動運転の基幹技術など、我々の周囲には意外にもイスラエル発の技術や製品があふれている。それもそのはず国民1人当たりの起業率や博士号保有者、特許数、ノーベル賞受賞者など、さまざまな分野でイスラエルは世界トップクラスなのだそうだ。

 そんな世界一の高さを誇るイスラエルの知的レベルの秘密に迫るリポート。

 激しい迫害にさらされてきたゆえに同国では、軍事や情報・通信、医薬・バイオなど人間の安全・生存に直結するジャンルに知を集結し、その分野からイノベーションが生まれてきたという。軍独自のエリート教育や移民の影響などを読み解きながら、その強さの背景を探る。(文藝春秋 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る