「黒い報告書クライマックス」 週刊新潮編集部編

公開日:  更新日:

 男女の愛憎や情欲を巡って起きた現実の事件を読み物化した週刊誌の名物連載の書籍化。

 48歳の諸井は、大阪の松島新地で表向きは「料理屋」だが、2階で性的サービスを提供する風俗店を経営。諸井は、自慢のテクニックを駆使して、店一番の売れっ子ユリと同棲中だ。しかし、店を任せているやり手ばばあの恭子がユリを敵視するため店内はギクシャクして、女の子たちの退職も相次ぐ。

 もとはといえば、恭子もかつて諸井の愛人だった。諸井は、恭子が店の売り上げを横領していることを理由に彼女をクビにする。

 数日後、配達人になりすました恭子が諸井の自宅に現れる。(蓮見圭一著「“鳴き”が売りのサバ読み女が『やり手ばばあ』とぶつかって」)

 ほか13事件を収録。(新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る