• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「黒い報告書クライマックス」 週刊新潮編集部編

 男女の愛憎や情欲を巡って起きた現実の事件を読み物化した週刊誌の名物連載の書籍化。

 48歳の諸井は、大阪の松島新地で表向きは「料理屋」だが、2階で性的サービスを提供する風俗店を経営。諸井は、自慢のテクニックを駆使して、店一番の売れっ子ユリと同棲中だ。しかし、店を任せているやり手ばばあの恭子がユリを敵視するため店内はギクシャクして、女の子たちの退職も相次ぐ。

 もとはといえば、恭子もかつて諸井の愛人だった。諸井は、恭子が店の売り上げを横領していることを理由に彼女をクビにする。

 数日後、配達人になりすました恭子が諸井の自宅に現れる。(蓮見圭一著「“鳴き”が売りのサバ読み女が『やり手ばばあ』とぶつかって」)

 ほか13事件を収録。(新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る