「黒い報告書クライマックス」 週刊新潮編集部編

公開日:  更新日:

 男女の愛憎や情欲を巡って起きた現実の事件を読み物化した週刊誌の名物連載の書籍化。

 48歳の諸井は、大阪の松島新地で表向きは「料理屋」だが、2階で性的サービスを提供する風俗店を経営。諸井は、自慢のテクニックを駆使して、店一番の売れっ子ユリと同棲中だ。しかし、店を任せているやり手ばばあの恭子がユリを敵視するため店内はギクシャクして、女の子たちの退職も相次ぐ。

 もとはといえば、恭子もかつて諸井の愛人だった。諸井は、恭子が店の売り上げを横領していることを理由に彼女をクビにする。

 数日後、配達人になりすました恭子が諸井の自宅に現れる。(蓮見圭一著「“鳴き”が売りのサバ読み女が『やり手ばばあ』とぶつかって」)

 ほか13事件を収録。(新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る