オークションに贋作が…片岡鶴太郎が衝撃の被害を告白

公開日:  更新日:

 画伯本人の口から“贋作被害”が明かされた。

 4日行われた米映画「インフェルノ」(28日公開)の特別イベントに出席した片岡鶴太郎(61)。同イベントは「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に次ぐシリーズ第3弾で主演のトム・ハンクスが宗教象徴学者に扮して活躍する映画にちなみ、国立新美術館(港区六本木)で開かれた。

 画家の顔も持つ鶴太郎だけに絵画への造詣が深く、トークではいろいろな豆知識を披露。なかには贋作の価値にも触れ、「贋作が出たら一人前ともいわれている。実は僕の贋作もオークションに出品された」と衝撃の告白をしたのだった。

「その贋作を草津にある片岡鶴太郎美術館の館長が買っちゃったんですよ。僕の作品を数多く見ているのに。それだけ贋作は巧妙なんですが、僕も鑑定しなくちゃいけないから大変。ハハハ」

 40歳から絵を描き始め、「アカデミックな教育は受けていないけれども、絵画の世界は知れば知るほど面白い」とも語っていた。マッチや坂上二郎のモノマネをしていた鶴ちゃんも今や“大家”である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る