「鑑定団」騒動に異例コメント 島田紳助の悠々自適な近況

公開日:  更新日:

 番組プロデューサーとの確執で司会を務める石坂浩二(74)の降板が決まった「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)。発売中の「女性自身」では当該プロデューサーが、番組に出演する鑑定士たちに「他番組に出るな」と命じていたなど更なる横暴ぶりが明らかに。

 そんな中、「石坂さんなしではあの番組の成功はなかった」とコメントしたのが番組開始時から石坂とともに司会を務めた島田紳助氏(59)だ。1日、親交のある芸能リポーターの井上公造氏の電話に応じた島田氏は「自分のギャラを折半する形で出演をお願いした」と石坂が司会になった経緯を明かした上で、プロデューサーとの確執については「記憶は定かではない」とした。

 島田氏は2011年8月に暴力団との交際を理由に芸能界を引退。その後、14年8月に知人歌手のライブに姿を見せたことはあったが、テレビにコメントを寄せるのは今回が初めてのことだ。近況が気になるところだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る