石坂浩二がBSで“鑑定団”新番組 降板報道は何だったのか?

公開日: 更新日:

「実は体調不良とか、なにかあるんじゃないでしょうか」などと、臆測を呼んでいたのが、石坂浩二(74)のテレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」の降板騒動だ。

 結局、石坂は3月いっぱいで番組卒業、4月から同局系列のBSジャパンで“鑑定団番組”のMCを務め、石坂の後任としては福沢朗(52)が起用されるることが正式発表されたが、石坂は29日放送のワイドショーの直撃にコメント。「僕より甘利さんが心配」と笑ってみせたものの、「たとえ感じることがあっても私個人の問題」と複雑な心境ものぞかせていた。

 そりゃそうだろう。「鑑定団」は1994年4月の番組スタートから司会を務め、数々のうんちく話を披露してきたご意見番である。それがここ2年ほど、番組中に石坂のコメント場面がほとんど映らなくなり、視聴者から問い合わせがくるほどだったというのだから、どうかしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る