• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

紅白総合司会 NHK“報道のエース”武田真一アナ起用の妙手

「思いがけない人選でしたが、ベターチョイスといえるでしょう」と、期待を寄せるのは作家の麻生千晶氏。90年の入局以来、初のNHK紅白総合司会に起用された武田真一アナ(49)についてである。当初は有働由美子アナ(47)の続投起用の見方があったが、その後、リオ五輪で現地リポートをそつなくこなした杉浦友紀アナ(33)の名が浮上した。それでも、最終的に「ニュース7」のキャスターを務める同局の報道のエースに落ち着いたのはなぜか。

「NHKは、事前に報じられた名前の挙がった人物をそのまま起用するのを嫌うところがある。その点、武田アナはノーマークだった。加えて、紅白の司会を務める嵐の相葉と有村架純で4時間半もの長丁場を仕切れるのかどうか、いまだに不安がつきまとう。彼らをバックアップするためにも、いかなるハプニングにも対応できる技術と経験を備えたベテランが良しとされたのでしょう」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る