紅白総合司会 NHK“報道のエース”武田真一アナ起用の妙手

公開日:

「思いがけない人選でしたが、ベターチョイスといえるでしょう」と、期待を寄せるのは作家の麻生千晶氏。90年の入局以来、初のNHK紅白総合司会に起用された武田真一アナ(49)についてである。当初は有働由美子アナ(47)の続投起用の見方があったが、その後、リオ五輪で現地リポートをそつなくこなした杉浦友紀アナ(33)の名が浮上した。それでも、最終的に「ニュース7」のキャスターを務める同局の報道のエースに落ち着いたのはなぜか。

「NHKは、事前に報じられた名前の挙がった人物をそのまま起用するのを嫌うところがある。その点、武田アナはノーマークだった。加えて、紅白の司会を務める嵐の相葉と有村架純で4時間半もの長丁場を仕切れるのかどうか、いまだに不安がつきまとう。彼らをバックアップするためにも、いかなるハプニングにも対応できる技術と経験を備えたベテランが良しとされたのでしょう」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る