紅白総合司会 NHK“報道のエース”武田真一アナ起用の妙手

公開日:

「思いがけない人選でしたが、ベターチョイスといえるでしょう」と、期待を寄せるのは作家の麻生千晶氏。90年の入局以来、初のNHK紅白総合司会に起用された武田真一アナ(49)についてである。当初は有働由美子アナ(47)の続投起用の見方があったが、その後、リオ五輪で現地リポートをそつなくこなした杉浦友紀アナ(33)の名が浮上した。それでも、最終的に「ニュース7」のキャスターを務める同局の報道のエースに落ち着いたのはなぜか。

「NHKは、事前に報じられた名前の挙がった人物をそのまま起用するのを嫌うところがある。その点、武田アナはノーマークだった。加えて、紅白の司会を務める嵐の相葉と有村架純で4時間半もの長丁場を仕切れるのかどうか、いまだに不安がつきまとう。彼らをバックアップするためにも、いかなるハプニングにも対応できる技術と経験を備えたベテランが良しとされたのでしょう」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る