紅白内定 桐谷健太の大ブレーク理由は“昭和ノスタルジー”

公開日:

 携帯会社auのCMからまさかNHK紅白出場歌手が誕生するとは。桐谷健太(36)が同社CM三太郎シリーズで歌う「海の声」が紅白内定したと報じられて話題だ。「海の声」は、CMの挿入歌のつもりがなんと100万ダウンロードを突破。YouTubeのフルバージョン再生回数は、6000万回超え、ジョイサウンドなどカラオケランキング上半期総合1位を獲得するという、想定外の大ヒットとなった。

 桐谷は映画「パッチギ!」にも出演し、演技派俳優として定評があったが、知名度を上げたのは、08年のTBSドラマ「ROOKIES」だった。コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「70代の人でも理解できる“昭和の若者”なところが彼の万人ウケの理由です。社会が高齢化してリアルな10代は理解不能。それより、桐谷の熱い男を地で行く姿がわかりやすく、好感度の高さにつながっている。しかも、若者からは頼れる兄貴的存在で、全方位で嫌う人がいない。フリートークでは関西弁で笑わせ、自分は彼氏にしたい、結婚したいイイ男じゃない、と語る潔さがまた若者層の支持を得ています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る