紅白内定 桐谷健太の大ブレーク理由は“昭和ノスタルジー”

公開日:

 携帯会社auのCMからまさかNHK紅白出場歌手が誕生するとは。桐谷健太(36)が同社CM三太郎シリーズで歌う「海の声」が紅白内定したと報じられて話題だ。「海の声」は、CMの挿入歌のつもりがなんと100万ダウンロードを突破。YouTubeのフルバージョン再生回数は、6000万回超え、ジョイサウンドなどカラオケランキング上半期総合1位を獲得するという、想定外の大ヒットとなった。

 桐谷は映画「パッチギ!」にも出演し、演技派俳優として定評があったが、知名度を上げたのは、08年のTBSドラマ「ROOKIES」だった。コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「70代の人でも理解できる“昭和の若者”なところが彼の万人ウケの理由です。社会が高齢化してリアルな10代は理解不能。それより、桐谷の熱い男を地で行く姿がわかりやすく、好感度の高さにつながっている。しかも、若者からは頼れる兄貴的存在で、全方位で嫌う人がいない。フリートークでは関西弁で笑わせ、自分は彼氏にしたい、結婚したいイイ男じゃない、と語る潔さがまた若者層の支持を得ています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る