SMAPとのパイプ役期待? さんま“30年ぶりNHK”の深謀遠慮

公開日:

 タレントの明石家さんま(61)が久々にNHKに出演することで、さまざまな臆測が広がっている。司会を務めるのは音楽特番「第1回明石家紅白!」(24日放送)。さんまとしては、NHKで“初の冠番組”となる。

 すでに収録を終えていて、ゲストは「いきものがかり」やピコ太郎ら。実は音楽に詳しいというさんまが“独自の紅白”を開催するという触れ込みだ。過去に、13年の「NHK×日テレ60番勝負」に出演したことはあったが、本格的なNHK出演は、85年の連続テレビ小説「澪つくし」以来、実に30年ぶりである。

 なぜ、このタイミングで出演するのか。SMAPの紅白出場が取りざたされている時期だけに、メンバーと親しいさんまが“パイプ役”になるのでは――との報道も出た。だが、芸能評論家の肥留間正明氏はこう分析する。

「単純にSMAPや紅白と結びつけるのは安直なのでは。さんまとしては、クオリティーが高くスポンサーに左右されないNHKで、“自分のカタチ”となる番組を残したいのでしょう。ちょうど、フジテレビ系の『さんまのまんま』も終わったばかりです。“大御所扱い”しかされない民放番組ではなく、今後は自分が納得のいく仕事しかしないのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る