SMAPとのパイプ役期待? さんま“30年ぶりNHK”の深謀遠慮

公開日: 更新日:

 タレントの明石家さんま(61)が久々にNHKに出演することで、さまざまな臆測が広がっている。司会を務めるのは音楽特番「第1回明石家紅白!」(24日放送)。さんまとしては、NHKで“初の冠番組”となる。

 すでに収録を終えていて、ゲストは「いきものがかり」やピコ太郎ら。実は音楽に詳しいというさんまが“独自の紅白”を開催するという触れ込みだ。過去に、13年の「NHK×日テレ60番勝負」に出演したことはあったが、本格的なNHK出演は、85年の連続テレビ小説「澪つくし」以来、実に30年ぶりである。

 なぜ、このタイミングで出演するのか。SMAPの紅白出場が取りざたされている時期だけに、メンバーと親しいさんまが“パイプ役”になるのでは――との報道も出た。だが、芸能評論家の肥留間正明氏はこう分析する。

「単純にSMAPや紅白と結びつけるのは安直なのでは。さんまとしては、クオリティーが高くスポンサーに左右されないNHKで、“自分のカタチ”となる番組を残したいのでしょう。ちょうど、フジテレビ系の『さんまのまんま』も終わったばかりです。“大御所扱い”しかされない民放番組ではなく、今後は自分が納得のいく仕事しかしないのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る