11年目の山本あき 新曲は「平成の学生時代と呼ばれたい」

公開日:

「デビュー以来、しっとりとしたバラード調のオトナの曲が多かったのですが、初めて明るいトーンの曲をオリジナルの新譜として、歌わせていただくことになりました」

 こう話すのは2006年6月にキングレコードから「哀しみ模様」でデビューした石川県出身の演歌歌手・山本あき(41)。同年暮れの日本レコード大賞・新人賞を受賞した実力派歌手がデビュー11年目を迎えた6月21日に「桜の小径」をリリースした。

 歌詞に「今も瞳閉じれば 浮かぶ友の顔が」とある。

「誰もが歩んできた青春時代の思い出がテーマです。NHK朝ドラ『ひよっこ』では主人公が1960年代に集団就職で上京、慣れない大都会で苦労する姿が描かれていますが、当時、歌声喫茶がはやり、見知らぬ者同士が一緒になって大きな声で歌い、日々の生活のつらさを癒やしたと聞きました。『桜の小径』も大勢の人が青春時代の大切な思い出に心を寄せながら、合唱していただけたらうれしいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る