11年目の山本あき 新曲は「平成の学生時代と呼ばれたい」

公開日: 更新日:

「デビュー以来、しっとりとしたバラード調のオトナの曲が多かったのですが、初めて明るいトーンの曲をオリジナルの新譜として、歌わせていただくことになりました」

 こう話すのは2006年6月にキングレコードから「哀しみ模様」でデビューした石川県出身の演歌歌手・山本あき(41)。同年暮れの日本レコード大賞・新人賞を受賞した実力派歌手がデビュー11年目を迎えた6月21日に「桜の小径」をリリースした。

 歌詞に「今も瞳閉じれば 浮かぶ友の顔が」とある。

「誰もが歩んできた青春時代の思い出がテーマです。NHK朝ドラ『ひよっこ』では主人公が1960年代に集団就職で上京、慣れない大都会で苦労する姿が描かれていますが、当時、歌声喫茶がはやり、見知らぬ者同士が一緒になって大きな声で歌い、日々の生活のつらさを癒やしたと聞きました。『桜の小径』も大勢の人が青春時代の大切な思い出に心を寄せながら、合唱していただけたらうれしいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る