二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

安室奈美恵 京都の一等地に新居購入は再婚への伏線か

公開日: 更新日:

「紅白」に落選するや自身のラジオで「紅白は見ない」と駄々っ子のような言葉を吐いた和田アキ子(66)。対照的に安室奈美恵(39)はNHKのリオ五輪のテーマ曲まで歌ったが、条件面で折り合いがつかず出場を断ったという。

 同じ歌手でも「紅白」に対する姿勢はここまで違う。かつて紅白は「出場するだけで翌年の仕事は安泰」とまで言われ、地方興行の多い演歌歌手にとっては大きな付加価値があった。時代は移り、さまざまなジャンルの歌手が出現。安室もその一人。テレビ出演は少なく、CDとコンサート中心で活動。チケットは今も即日完売するほどの人気。文句なしのJポップ界第一人者となったが、その姿勢はブレることがない。幼いころ海辺で特訓した沖縄空手から習得したキレのある踊りは健在。ファンを魅了する。

 紅白に出場することで「箔」と「人気」を維持する歌手とは必然的に考え方が違ってくるのも道理。私生活もおのずと違う。和田は幅広い交流と酒に関わるエピソードで名を馳せているが、安室は芸能界の人との交流も少なく、私生活を自ら露出することもない。それでも人気の高さはメディアの関心度を増す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  5. 5

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

  8. 8

    首相夫人まで私物化 桜を見る会に“聖心同窓会”アッキー枠

  9. 9

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  10. 10

    政治を私物化した安倍首相殿「もうバイバイ」でどうですか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る