藤あや子は30代男性と再婚 なぜ今“50代女性”がモテるのか

公開日:

 15年は22万6215組――。年間の離婚件数だ。実に45万人超の男女が新たに“バツ”の仲間に加わり、晴れて自由の身になった。ちなみに、同年に結婚した63万5156組のうち、両者もしくはいずれかが再婚というカップルは17万181組。全体の27%を占め、もはや再婚は珍しいことではなくなっている。

「永遠の愛の誓いを守って添い遂げるというのはとても大事なことです。とはいえ、我慢に我慢を重ねてまで……という結婚は時代遅れになってきているのでしょうね」

 こう語るのは、恋人・夫婦仲相談所所長の二松まゆみ氏だ。

 55歳の藤あや子が30代男性と再婚したが、何を隠そう、この二松氏も最近、1回り以上も下の30代パートナーと再婚している。そして「堂々再婚-何度でも結婚できる技術」という本を堂々と上梓したばかり。再婚を目指す女性のみでなく、「夫に愛されていない」とうじうじ悩んでいる女性にも向けた応援本だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る