祖母と留学経験が後押し ジェロが演歌歌手を決意するまで

公開日:  更新日:

 今年でデビュー10周年のジェロさん(35)。ヒップホップファッションに身を包みながら、圧倒的な歌唱力で演歌を歌い上げる姿は衝撃的だったが、米国で生まれ育った青年が演歌歌手を目指した瞬間は――。

 ◇  ◇  ◇

 僕は米国で生まれ育ちましたが、子供のころから演歌歌手になりたいという夢を持っていました。きっかけはおばあちゃんです。おばあちゃんは日本人で、美空ひばりさんや二葉百合子さんが好きで、僕が日本の歌を歌うと凄く喜んでくれました。5~6歳の時に初めて日本の曲を覚え、家族みんなで集まって、よくカラオケをやってました。それで日本の歌に興味を持つようになって、ひとりで覚えたり、紅白歌合戦のビデオを見たりするようになりました。

 ピッツバーグ大学に入学してからも日本の歌はずっと聴いていて、2年の時に交換留学生として日本に来ることになりました。通ったのは大阪の枚方市にある関西外国語大学で、寮住まい。期間は3~4カ月。そのころには高校生の時から勉強していた日本語も上達し、友だちもたくさんできました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る