• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

祖母と留学経験が後押し ジェロが演歌歌手を決意するまで

 今年でデビュー10周年のジェロさん(35)。ヒップホップファッションに身を包みながら、圧倒的な歌唱力で演歌を歌い上げる姿は衝撃的だったが、米国で生まれ育った青年が演歌歌手を目指した瞬間は――。

 ◇  ◇  ◇

 僕は米国で生まれ育ちましたが、子供のころから演歌歌手になりたいという夢を持っていました。きっかけはおばあちゃんです。おばあちゃんは日本人で、美空ひばりさんや二葉百合子さんが好きで、僕が日本の歌を歌うと凄く喜んでくれました。5~6歳の時に初めて日本の曲を覚え、家族みんなで集まって、よくカラオケをやってました。それで日本の歌に興味を持つようになって、ひとりで覚えたり、紅白歌合戦のビデオを見たりするようになりました。

 ピッツバーグ大学に入学してからも日本の歌はずっと聴いていて、2年の時に交換留学生として日本に来ることになりました。通ったのは大阪の枚方市にある関西外国語大学で、寮住まい。期間は3~4カ月。そのころには高校生の時から勉強していた日本語も上達し、友だちもたくさんできました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る