日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タモリが長年ひいきにしている1982年創業の「手打ちそば夢呆」

 NHKの街歩き番組「ブラタモリ」が高視聴率を記録するなど「笑っていいとも!」終了後も大活躍のタモリ(70)。芸能界随一の食通としても知られ、料理の腕前はプロ級ともっぱらの評判。そんなタモリが長年通い続けている店がある。

「手打ちそば 夢呆」は1982年創業のそば処。もともと学芸大学駅のそばで長い間、営業していた人気店で、数年前に港区高輪の現在の地に移転。タモリは学芸大学時代から通う20年来の常連で、ほかにも有名女優ら多くの芸能人がひいきにしている。

 店主はこの道40年の大ベテラン。毎日、その日の分だけ自家製粉したひきたてのソバ粉を使うなど、丁寧な仕事が生み出す極上のそばが食通の舌を魅了してきた。

「そばって能書きばかりがいろいろと言われるけど、実はそんなに難しいことって何もないんです。長年やってきてしみじみ思うのは、若いころに師匠に習った通りにつくるそばが、結局は一番ウマいんだってこと。昔ながらのそばを、気取らずに楽しんでいただきたいですね」(店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事