安田顕が無名時代に通った 渋谷の老舗「魚料理のじま」

公開日:  更新日:

 北海道を拠点とする演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーでドラマや映画で活躍している安田顕(42)。さまざまな役を自在にこなす高い演技力で、今やオファーが絶えない人気ぶり。そんな安田がまだ無名だった時代によく足を運んでいた店がある。

「魚料理のじま」は創業100年を超える魚料理の専門店。場所は渋谷駅から明治通りを恵比寿方面へ歩いて5分ほど。もともと魚屋として長く営業していたが、約30年前に料理屋を開業。この界隈では数少ない鮮魚料理の店として、地元で長年にわたり支持されてきた老舗だ。

 最大の魅力は何といっても、素材の良さに尽きる。魚屋が営む店だけに、目利きは厳しく、店主が毎朝、築地でその日一番のものを厳選。養殖ものや冷凍ものは一切使わず、創業当時から、一貫して“天然もの”だけを仕入れてきた。

「なにしろ築地の卸とは親の代からの長い付き合い。毎日、いい魚を仕入れられるのは卸との信頼関係があるからです。自分たちがやってきたことは単純で『いいモノを仕入れ、心を込めて調理する』。ウマい魚は毎日食べたって飽きないから、連日のように通ってくれるお客さんもいますよ!」(店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る