安田顕が無名時代に通った 渋谷の老舗「魚料理のじま」

公開日:  更新日:

 北海道を拠点とする演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーでドラマや映画で活躍している安田顕(42)。さまざまな役を自在にこなす高い演技力で、今やオファーが絶えない人気ぶり。そんな安田がまだ無名だった時代によく足を運んでいた店がある。

「魚料理のじま」は創業100年を超える魚料理の専門店。場所は渋谷駅から明治通りを恵比寿方面へ歩いて5分ほど。もともと魚屋として長く営業していたが、約30年前に料理屋を開業。この界隈では数少ない鮮魚料理の店として、地元で長年にわたり支持されてきた老舗だ。

 最大の魅力は何といっても、素材の良さに尽きる。魚屋が営む店だけに、目利きは厳しく、店主が毎朝、築地でその日一番のものを厳選。養殖ものや冷凍ものは一切使わず、創業当時から、一貫して“天然もの”だけを仕入れてきた。

「なにしろ築地の卸とは親の代からの長い付き合い。毎日、いい魚を仕入れられるのは卸との信頼関係があるからです。自分たちがやってきたことは単純で『いいモノを仕入れ、心を込めて調理する』。ウマい魚は毎日食べたって飽きないから、連日のように通ってくれるお客さんもいますよ!」(店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る