• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

市川猿之助もお気に入り 路地裏で20年愛されてきた名店「てんぷら黒川」

 ドラマや映画でも活躍している歌舞伎役者の市川猿之助(40)。“歌舞伎界の異端児”とも呼ばれ、最近は人気漫画「ONE PIECE」の歌舞伎化でも話題になるなど、相変わらず精力的だ。

 そんな猿之助のお気に入りは、築地にある天ぷら専門店「てんぷら黒川」。場所は、地下鉄築地駅から7分ほど歩いた築地場外市場のはずれ。偶然通りかかることなどありえないような目立たない立地ながら、客足はひっきりなし。

 カウンター越しに腕を振るうのは、この道35年の店主、黒川丈史さん。ホテルの天ぷらカウンターで料理長を務め、約20年前に満を持して独立。毎朝、築地場内で仕入れる魚介はもちろん、野菜も契約農家から週3回、産地直送で仕入れるこだわりぶり。旬の素材をとことん生かし切る職人技で食通を魅了してきた。

「よくあるのが、衣ばっかり分厚くて、どこにエビがあるの? っていう天ぷら。主役はあくまで素材ですから、衣はできる限り薄くして、具はケチらずに、たくさん使うのが創業以来のやり方です。その日一番の素材のおいしさを楽しんでほしいですね」(黒川さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る