「会社を辞めた人が生き生きして見える」の心理を科学する

公開日: 更新日:

 かつての上司に街中でバッタリ会った。彼が退職したのは2年半ほど前。「よぉ~、久しぶり。元気か。ガハハ」と、笑いながら近寄ってきた。団塊世代の真ん中くらいだったから、今年66、67歳か。

 会社にいた当時はムダ口が少ない“怖い”タイプだった。今はその面影はない。円くなったのだろうか。在籍当時より明るいというか、生き生きしている感じがした。「景気はどうだ?」と畳み掛けてくる。元気だし、顔色もいい。

 数週間後、銀座の地下街で今度は中途退職した後輩と偶然出くわした。彼は3年ほど前、50歳を前に転職し会社を起こした。「大変ですよ~。毎日若いヤツらとケンカしてます。ハハハ」と言うものの、悲愴感はない。むしろ楽しそうだ。

 定年退職者も転職組も、会社を去った人に久しぶりに会うと、一緒に仕事をしていたころより“元気に見える”人が多い。いったい、なぜか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  4. 4

    ボルボが撤退決断 本気の脱ディーゼルにかかるお値段とは

  5. 5

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  6. 6

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る