日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仕事が遅いほど土日も働く…サラリーマン「時間管理」の誤解

「キミたちはのんきでいいねぇ~。俺なんて土日も家で仕事やってんだゾ!!」

 月曜朝、自宅に持ち帰った資料をこれ見よがしに小脇に抱え、周囲を威圧する上司、あなたの周囲にもいませんか。こっちは週末のんびりし、なんとなく気後れして言いなりになってしまいがち。しかし――。

「“休日に家で仕事をする”というのは、時間管理ができていない人の典型例。そんな人の言いなりになる必要はありません。むしろ、“じゃ、普段は何やってんですか”と言い返してもいいくらいです」

 ピシャリとこう言い切るのは、ベストセラー「『仕事が速い人』と『仕事が遅い人』の習慣」(明日香出版社)の著者・山本憲明氏(税理士、中小企業診断士)だ。山本氏が続ける。

「仕事を速くこなすのに一番必要なのは時間管理の能力です。つまり、一定の仕事を決められた時間内にこなす力ですが、古いタイプのサラリーマンに限ってこの能力が低すぎます。時間はいくらでもあるといってダラダラと残業するのはその典型。オン、オフの切り替えができず、休日に自宅で仕事をするのも原因はまったく同じです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事