スマホをビジネス鞄代わりに サラリーマンの「お助けアプリ」

公開日:  更新日:

 せっかくスマホを持っていても、愛用アプリがゲームだけじゃ、宝の持ち腐れ。バッテリー切れの心配も少なくなった最新機種を持つなら、仕事アプリを駆使して、重いビジネスバッグとオサラバしてみたい。

 まずは出勤前、「Googleカレンダー」で一日のアポイントを確認。Googleのアカウントがあれば、パソコンで追加した新規予定がスマホでもチェックできる。

 サラリーマンの通勤に欠かせない朝刊は、電子版をスマホで読む。週刊誌なら「雑誌オンライン+BOOKS」「ebookjapan」「マガストア」のいずれかで電子版が見つかる。窮屈な満員電車で紙面ページをめくる手間がゼロになる。

 出社前にコンビニで朝飯を買うなら、電子マネーを使えば小銭いらず。レジもスムーズだから、後ろから冷たい視線を浴びる心配もない。「楽天Edy」「iD」「QUICPay」などは、レジの端末にスマホをかざすだけ。残高が設定金額を下回ればチャージしてくれ、クレジットカードで決済される仕組みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る