ポイントは地元人気…高級ステーキ店主が通う「肉の店」3選

公開日:  更新日:

 肉に精通したプロフェッショナルは一体、どんな焼き肉店に通っているのか。銀座の高級ステーキ店のオーナーシェフを務めた石崎洋一氏(38)が、「味、人気ともに今、都内ナンバーワン」と薦めるのは、渋谷にある「ゆうじ」。ホルモンの名店だ。

 店内は煙がモクモクで、飾らない雰囲気。友人同士でも、カップルでも楽しめる。なかなか予約が取れないことでも有名だ。

「店主は牛肉への造詣がとても深く、店主の目利きで厳選した最高の牛肉のさまざまな部位を、それぞれ一番適した食べ方で提供されています。肉への愛情をたっぷり感じます」

 一方、石崎氏が毎週のように通っているというのが、月島にある「在市 月島本店」だ。名物は「飛騨牛サーロイン」と「ごちゃまぜ焼き」。サーロインはさっと焼いて、すき焼きのように溶き卵でいただく。ごちゃまぜ焼きは在市オリジナル。特製ダレに赤身1、ホルモン3という比率で、文字通りごちゃまぜにして焼く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る