• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

名前の由来は、上手な焼き方は? 秋の味覚サンマを極める

 サンマが食卓に上り始めた。初物こそ目玉が飛び出るような高値になるが、9月も半ばを過ぎれば、例年1尾100円程度と落ち着いてくる。まさに大衆魚の代名詞。だが、身近すぎて意外と知らないことも多いのでは。名前の由来は? いつから食べられている? どこでとれるの? おいしい焼き方は? この機会に学んで、食欲の秋本番に備えよう。

 細長い魚を意味する古名のサマナ(狭真魚)が語源。京都ではサヨリ、大阪や瀬戸内海ではなまってサイロと呼ばれる。また、旬が秋で刀のように青く光ることから秋刀魚の当て字も。「馬」や「蛇」という隠語もある。

 サンマが庶民の食卓に上るようになったのは意外と遅く江戸中期以降。安永年間(1772年~)に大漁が続き、安く売られるようになったからだ。

 全国にはさまざまなサンマ料理がある。例えば「なれずし」。紀伊半島ではサンマを背開きにして内臓や骨を取り除き、塩をまぶして1年ほど寝かせたものを、飯と一緒に1カ月ほど漬け込んで食べる。麹と漬け込むのは北海道や青森の「飯ずし」。やはり紀伊半島や四国にはサンマを開いて塩と酢で締め、すし飯をのせて棒状に丸める「姿ずし」が。とにかく栄養豊富で、昔から「サンマが出ると按摩が引っ込む」と言われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る