ダブル、トリプルは常識 花粉症“プラスα予防”最新事情

公開日:

「お客さまの多くは基本的に花粉症とか鼻炎の薬を飲んでいます。最近は、それに加えて“プラスアルファ”の予防法で花粉をシャットアウトしたいという方の相談が多いですね」

 こう言うのは、都心にある大手チェーン薬局の女性店頭販売員。2~4月といわれる花粉症シーズンがピークに入ったいま、店頭での問い合わせが着実に増えているという。

「中でも、最近よく聞かれるのは、顔や髪にスプレーして、イオンの力で花粉とかウイルスをブロックする商品。たとえば『アレルシャット』(フマキラー)。ほかにも数社から出ていて700円前後のモノが売れ筋。皆さん、マスクと併用して使っているようです。また、腸内環境を整える薬や健康食品もよく出ます。免疫力が低下すると、アレルギー反応が出やすくなります。そして免疫力低下の原因のひとつが腸内環境の悪化なのです。実は普通に風邪対策としてもオススメしています」(前出の店頭販売員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る