• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トヨタ過去最高配当 NISAが後押し「株主に優しい会社」

 トヨタ自動車は17日の株主総会で、過去最高となる配当金165円(1株当たり、年間)を決めた。

「NISA(少額投資非課税制度)が導入されたことで、これまで以上に個人投資家の売買動向が株価を左右します。個人にソッポを向かれると、株価低迷を招く恐れがある。だから配当利回りを高め、人気を集めたいのでしょう」(市場関係者)

 17日終値(5822円)で利回りを算出すると2.83%。普通預金の金利(メガバンクで0.02%程度)をはるかに上回る。

 最低売買単位の100株を保有していた場合、昨年の配当金は9000円だったが、今年は1万6500円にハネ上がる(税金支払い前)。実に80%以上のアップ率だ。

■章男社長は受取額7億5700万円

 大株主はケタ違いの受け取り額となる。トヨタ創業家の豊田章男社長は昨年、ザッと4億1300万円の配当金を受け取ったが、今年は約7億5700万円。3億4000万円も増えるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る