米ゴールドマン・サックスが総力結集した「W杯リポート」

公開日: 更新日:

 アシックスの株価が12日も年初来高値を更新した。
「W杯関連の代表銘柄だけに、ものすごい勢いで高騰しています」(市場関係者)

 5月8日に2000円を切っていた株価(1969円=終値)は6月に入り急上昇し、この日は2357円で引けた。この間の上昇率は19.7%。日経平均の上昇率5.7%に比べ、4倍近いパフォーマンスだ。

「市場の関心はW杯一色になってきました。米ゴールドマン・サックス(GS)が5月下旬に出した『W杯と2014経済』への注目度も日に日に高まっています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

■狙いはブラジル株高?

 GSリポートは67ページに及ぶ。出場32カ国の株価動向や、優勝国の株価パフォーマンスなどを分析。そればかりか、投資とは無関係に思えるベストメンバーや優勝オッズまで掲載している。グループリーグ突破、ベスト8、ベスト4などに進出する確率もはじいた(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る