乱高下市場にトドメ…10月末「1万4000円割れ」の恐怖

公開日:  更新日:

 株式相場は10月末に危機的状況に陥る――。市場関係者の顔色が変わり始めた。

「本来、月末は機関投資家が保有株の資産価値を高めるため、大量の買い注文を出し、意図的に株価をつり上げます。いわゆる『お化粧買い』の色合いが濃くなるのですが……」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 しかし、今年7月、8月、9月の月末(最終営業日)は3カ月連続で、“相場の常識”に反して前日比マイナスで引けた。日銀やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による株価維持策が官製相場を出現させ、「市場原理をゆがめたため」(証券アナリスト)といわれる。今年1~9月を見ても3勝6敗と、下落が圧倒的に多かった。月末高という常識はアベ官製相場で崩れてしまったのだ。

「しかも10月は乱高下が激しい。どこまで下がるか。空恐ろしさを感じます」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る