物価上昇2%に固執 黒田日銀が狙う「1ドル117円」

公開日: 更新日:

 日銀の黒田東彦総裁が狙う為替水準はズバリ1ドル=117円――。円安容認を続ける“通貨の番人”に対し、市場でそんな見方が浮上してきた。

 1ドル=110円でさえ家計は猛烈な円安デメリットに悲鳴を上げ、中小零細の経営者は「110円が限界」と訴えた。117円なんてとんでもない話だが、日銀総裁は庶民や中小企業のことなど眼中にないらしい。就任直後の13年4月にブチ上げた「2%の物価上昇」で頭がいっぱいだ。円安が進めば黙っていても輸入物価は上昇し、物価全体を押し上げる。だから円安容認なのだ。

 そもそも円安によって物価はどの程度上がるのか。政府や日銀が指標にしている「物価」とは、総務省のコアCPI(生鮮食品を除く消費者物価指数)だ。

「13年度を例にすると、20%の円安進行によってコアCPIは0.5%押し上げられました。これを基に14年度の目標値である1.3%上昇に当てはめると、ドル円相場の年間平均値は110円となります。しかし、今年前半の水準はそこまで達していません。そのため10月以降は1ドル=117円平均で推移する必要があります」(三井住友銀行チーフストラテジストの宇野大介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  4. 4

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る