東洋ゴム免震偽装底なし 本当に元課長代理の“単独犯”なのか

公開日:  更新日:

 東洋ゴム工業の免震偽装問題が、底なしの展開になってきた。過去に販売した免震ゴムのほぼ全てに偽装の可能性が出てきたのだ。

 東洋ゴムが「これまで公表した以外の製品でも国の認定基準を満たしていない疑いがある」と公表したのは25日のこと。55棟に使用が確認された偽装免震ゴムだけでなく、より古いタイプの免震ゴムにもデータ改ざんが見つかったのだ。

 このタイプはマンションや病院など129棟に使われており、現時点で51棟から偽装の疑いのある製品が見つかった。公表済みの55棟を含めると、免震偽装の疑いのある建物は計184棟。一気に3倍以上に膨らむのだが、驚くのはまだ早い。

 新たに改ざんが見つかった製品も管理を任されていたのは、先の製品のデータを改ざんした50代の元課長代理ひとりだけ。社内調査を受け、「他の製品にも不正操作を行っていた」と認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る